社員コラム

社員コラム

スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

社会福祉会計簿記講座(初級・中級)開催ご案内

2015.09.07

今年も社会福祉簿記講座を開催いたします。

<開催日程>
初級開催日中級開催日
第1回9月8日(火)10月13日(火)
第2回9月15日(火)10月20日(火)
第3回9月24日(木)10月27日(火)
第4回9月29日(火)11月10日(火)
第5回10月6日(火)11月17日(火)
各回とも 13:30~16:30

<会場>
京都市下京区河原町五条東北角 清水ビル
※駐車場はございません。お車でのお越しの場合は近隣のコインパークをご利用下さい。

<担当講師>
総合福祉研究会所属会員が担当します。

<参加費>
お一人様 25,000円 [税込・テキスト代含む]
※講座開始日までに下記の口座へお振込ください。
(振込先)
京都銀行 河原町支店 普通口座 3863194
名義:総合福祉研究会 京都府支部 支部長 田中一実
お振込にかかる手数料についてはは受講者様にてご負担くださいますようお願い申し上げます。

<持ち物>
筆記用具・電卓(テキストは各講座初日にお渡しいたします)

お申し込みは下記の「社会福祉会計簿記講座参加申込書」をダウンロードしていただき必要事項をご記入の上、FAXにてお申込みください。記入いただいた個人情報の取り扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。
社会福祉会計簿記講座参加申込書



スポンサーサイト

  1. 2015/09/07(月) 12:00:00|
  2. 社会福祉法人

社会福祉法人の新会計基準への移行はお済みですか?

2012.08.01

厚生労働省は平成23年7月27日、社会福祉法人の会計方式を統一する新たな会計基準「社会福祉法人会計基準の制定について」を発表しました。 新たな会計基準は社会福祉法人のすべての事業(社会福祉事業、公益事業、収益事業)を適用対象とします。また、新しい会計基準への移行は平成27年度(平成27年3月31日まで)に行うこととされています。

    新しい会計基準の従来との大きな違いは以下の通りです。


    1.新会計基準は、社会福祉法人が行うすべての事業を適用対象とする。
      (従来はさまざまな会計ルールが併存していました。)

    2.会計の区分方法が変更された。
      (拠点区分の考え方が導入されました。)

    3.資金収支計算書の区分を
      事業活動による収支、
      施設整備等による収支、
      その他の活動による収支  に区分する。
      
      また、事業活動計算書は
      サービス活動増減の部、
      サービス活動外増減の部、
      特別増減の部、
      繰越活動増減差額の部   に区分する。

    4.財務三表(資金収支計算書、事業活動計算書、貸借対照表)は法人全体だけでなく、
      事業区分ごと、拠点区分ごとの単位でも作成する。

    5.4号基本金を廃止する 。

    6.その他の引当金を廃止する。
     (従って、引当金は原則、徴収不能引当金、賞与引当金、退職給付引当金に限定される。)

    7.新たな会計手法が導入された。
     (1年基準、時価会計、リース会計、退職給付会計、税効果会計)

    8.その他


当社では、会計の移行に伴うサポートをさせていただいております。
詳しい移行手続きについては今後このブログにてシリーズ化してご紹介させていただきます。

また、移行に関してのご質問等は随時承っております。
当社まで気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせはこちらまで!

医療福祉部門 江原 真也
  1. 2012/08/01(水) 12:00:00|
  2. 社会福祉法人
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。