社員コラム

社員コラム

所得拡大促進税制の大幅改正

2018.08.09


 青色申告を行う中小企業が前年度から給与等の支給額を増加させた場合に
税額控除が受けられる「所得拡大促進税制」。税制改正ではこの「所得拡大促進税制」が改正され、
賃上げ・設備投資に積極的に取り組む企業への支援が強化されます。
法人は平成30年4月1日~平成33年3月31日までに開始する事業年度が、
個人では平成31年~平成33年までの各年度が適用の対象です。

 では改正によって、要件と控除がどのように変わったかみていきましょう。
今回は中小企業者等を対象にした改正点に的を絞ってご説明します。
改正前の要件は次の①~③すべてを満たすことでした。


   ①雇用者給与等支給額が基準事業年度(H24年度)より3%以上増加している
   ②雇用者給与等支給額が前事業年度以上である
   ③平均給与等支給額が前事業年度から増加している


改正前の要件では集計自体も複雑でした。改正後の要件は次の2つになります。

 
   給与総額が前年度以上である
   ○継続雇用者給与等支給額が前年度比で1.5%以上増加している


 基準年度との比較要件が撤廃されました。一方で設立一期目の制度適用は不可となっています。
次に、税額控除の改正点についてみてみましょう。改正前の税額控除は以下の通りでした。


   ●基準年度からの増加額に対して、10%の税額控除


改正後は控除率の拡充が行われ、5%増加しました。


   ○前年度からの増加額に対して、15%の税額控除


 税額控除は法人税額・所得税額の20%が上限となります。
更に、人材への投資や生産性の向上に積極的に取り組む企業には、上記の税額控除に加えて
更なる控除が適用されます。“積極的な取り組み”とは下記の要件を満たす場合を指します。


   □平均給与が、前年度対比で2.5%以上増加している
   人材育成や生産性向上に取り組んでいる     
     具体的には…   ■教育訓練費が前年度対比で10%以上増加
                 ■中小企業等経営強化法に基づいた経営力向上の認定を受けている
                   かつ、経営力の向上が確実になされている


 上乗せの要件を満たした場合には、15%の税額控除率が25%へ拡充されます。


上乗せ控除


また、経営力向上計画を活用することで生産性向上設備に対する即時償却や税額控除等の
優遇措置を受けることもできます。
 多くの企業において賃上げや生産性の向上が課題となっていると思われますが、税制面での
控除、優遇措置の活用をぜひご検討ください。
詳細については当社担当までお気軽にお問い合わせください。



  1. 2018/08/09(木) 09:22:41|
  2. 未分類

住民税の特別徴収、徹底化へ

2018.07.19

 
 京都府内では平成30年度からすべての事業主様を対象に、従業員様からの住民税徴収が徹底される
こととなりました


 今までも支払った給与から所得税を天引きして徴収していたと思いますが、今後は住民税についても
給与からの天引きが必要になります(以下、特別徴収(※1)と呼びます) 。 
従来も特別徴収の義務がありましたが、制度の周知が不十分であったため今年度から特別徴収の徹底化
図られる運びとなりました。

 5・6月中に従業員様がお住いの自治体より、住民税の特別徴収に関する案内を受け取られた事業主様も
いらっしゃることかと思います。案内には住民税の税額通知書、納付書も含まれています。
従業員様へ今後は給与から住民税の天引きを行う旨を伝えたうえで、納付書の金額を徴収し、市町村へ
納付を行ってください。
 
 納付期限は毎月納付の所得税と同様、給与支払い日の翌月10日までとなっています。期日までに納付を
行わなかった場合は延滞金が発生しますのでご注意ください。新たに特別徴収への切替え案内が届いている
従業員様に関しては、7月分給与から徴収する住民税の納付期限が8月10日となっていますので、今一度
ご確認ください。

 なお、特定の条件を満たせば(事業主を含めて総従業員が2名以下、給与の支払いが不定期等)、
特別徴収から普通徴収への切替えが可能な場合があります。また、従業員が常時10名未満の場合、
年12回の納期を2回に短縮する納期の特例を活用することも可能です。
詳細については担当者までお問合せ下さい。


     特別徴収



※1 : 給与から天引きせず、個人で納付を行うことを普通徴収
     事業主が給与から天引きを行い、納付を行うことを特別徴収と呼びます




  1. 2018/07/19(木) 10:22:56|
  2. その他

「地域介護経営 介護ビジョン2018年6月号」 掲載記事のご案内

2018.06.19

 
 介護ビジョンに、弊社介護コンサルタント 大谷内 裕 の投稿文章が掲載されました。

 株式会社日本医療企画から、5月20日発刊の
「地域介護経営 介護ビジョン2018年6月号」に掲載されております。
内容は平成30年の介護報酬改定(在宅サービス)の影響について、事業所向けにわかりやすく書かれています。



  < 主な内容 >

  □ 「 介護報酬改定後の新報酬体系解説と対策 (在宅) 」 ( 36, 37ページ)
         
    ~ 「質の高い」 介護への大改定 ~
    ① 「 自立支援・重度化防止 」 介護保険事業所総リハビリ時代へ
    ② 「 科学的介護 」
    ③ 地域包括ケアの 「 強化 」
    ④ 罰則強化
    ⑤ 多様な人材確保と生産性向上
    ⑥ 通所系サービス



介護①
介護②

  1. 2018/06/19(火) 12:05:52|
  2. 介護

設備投資にIT導入補助金の活用を!

2018.06.12


 昨年に引き続いて、4月20日から「IT導入補助金」の一次公募がはじまりました。
IT導入補助金は中小企業や小規模事業者等を対象に、業務の効率化などを目的とした
ITツール導入(※1)に関する経費の一部を補助する制度です。上限額を50万円、下限額を
15万円として導入経費の1/2の補助
を受けることができます。


 今年は昨年と比べて補助金の上限額、補助率ともに縮減となりました。
ですが、予算額は大幅に増加しており、補助金を活用できるチャンスは高まっています。


図3



 活用にあたっては、対象のITツールを、「IT導入補助金支援事業者」から購入することが
必須条件になりますのでご注意下さい。一次公募は6月4日で締め切りとなりましたが、
年内に2次公募・3次公募も控えています。 

 なお、申請はIT導入支援事業者を通しての代理申請となります。
また、補助金交付の決定前にITツールの発注・契約及び支払いを済ませてしまうと
交付の対象とはなりませんのでご注意下さい

 当社にて提供しておりますTKCの会計システムもIT補助金の対象となっています。
会計システム導入は経理業務の省力化はもちろん、経営状況の正確な把握に対しても大きく貢献します。
この機会にぜひご検討下さい。詳しくは当社、担当までお問い合わせください。


 ※1 : ITツールとは ~ POSレジシステム、在庫管理システム、勤怠管理システム等をいいます。。
                   導入ツールの選定には「ITツール選定ナビ」をご活用下さい。

  1. 2018/06/12(火) 11:19:04|
  2. その他

第18回 女性サロン 開催のお知らせ

2018.05.15

第18回 女性サロン開催のご案内

 五感に響く、青もみじ苑 と ピアノの調べ
~ 北野天満宮 「 青もみじ苑 」 と 京とうふ「 藤野 本店 」 ~

春と秋にだけ特別公開される、 「北野天満宮 青もみじ苑」の、新緑の緑で視覚を刺激。
さらに天満宮横にある「京とうふ藤野」の豆腐ランチでは味覚を刺激。
そして町家ホールにてピアニストの演奏で聴覚を刺激。
五感を満たせる1日を楽しみましょう。

日   時 : 平成30年6月8日(金) 11:00~15:30頃(予定)
集合時間 : 11:00(時間厳守でお願いします)
集合場所 : 北野天満宮 正門前
場   所
第1部 北野天満宮「青もみじ」散策
北野天満宮青もみじ苑

第2部 京とうふ藤野本店でランチ
京とうふ藤野本店

第3部 下村実紗子氏ピアノミニコンサート (京町家リマホール)

      ~ 現地にて解散予定 ~

会   費 : 4,000円

弊社からも女性税理士・社会保険労務士が参加し、様々なご相談にお応えします。
とてもアットホームな会ですのでお気軽にご参加いただき、また皆様の情報交換の場にもしていただけたらと思います。
 “楽しく、美味しく、そしてちょっと賢くなれる” そんな嬉しい会になればと願っております。
お知り合いの方もお誘いいただき、たくさんの方がご参加くださることを楽しみにお待ち申し上げております。

  1. 2018/05/15(火) 08:15:00|
  2. セミナー